FPの住宅ローン相談実務とコンプライアンス

FP協会認定継続教育講座
☆認定単位:3単位(FP実務と倫理)

<FPブラッシュアップ通信講座>
本講座は日本FP協会認定の継続教育研修講座で、全6テーマあります。
各テーマとも実践を重視した内容となっております。
1テーマ当たり3単位の継続教育単位が取得できます。

* 教材:研修用テキスト(1テーマ50〜70ページ)、添削問題(各1回・7問の4択) 
* 学習期間の目安:1テーマ1ヶ月
添削問題70%以上の正答で研修修了となります。

************************************************************************
通信講座「FPの住宅ローン相談実務とコンプライアンス」 教材内容

FPの実務において、住宅取得にかかる住宅ローンに関する相談は、金融資産や保険の相談とともに最も相談案件が多いと思われます。

そして「住宅資金」は、他の家計資金に与える影響が大きく、またその後のライフプランにも多大な影響を与えます。私たちファイナンシャル・プランナーは、ファイナンシャル・プランナーが行う情報提供やアドバイスが顧客に与える影響を自覚し、住宅ローンに関する相談には慎重で適切な対応が求められます。住宅取得時または住宅ローンの見直しに関する相談の実務においては、専門的な知識と高度なコンプライアンスをもって業務を実施していくことが重要です。

この講座は、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員倫理規定を参照しながら、実例とともに住宅取得資金および住宅ローンに関する相談時におけるコンプライアンスについて検証していきます。

<目次>
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員倫理規定


第1条                   4
第2条                  5〜7
第3条                  8〜10
第4条                 11〜12
第5条                 13〜30
第6条                 31〜58
第7条                 59〜60
第8条、第9条              61
第10条、第11条、第12条、第13条   62〜63




販売価格
3,000円(内税)
購入数